FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村俊輔 ! J リーグ復帰の真相 !!

その理由とは、ズバリ !!  右足首の限界 だった !!


 セルティックとの契約は来年6月までだが、本人の希望してた1月にほぼ決定

スコットランドは、冬が大変厳しい国でありサッカー選手に限らずスポーツ人には

怪我をする確立を考えると寒さは大敵だ !!


 前の段階では、日本代表や家族のことを考えて、とのことだったが

今回は自分の右足首の限界を明かしたもよう !


 天才レフティー と言われたキックは軸足が右足になる。

 右利きの人と比べ左利きの選手は、ほとんどと言ってよいくらい右足は使わない。

 前回の記事で取り上げたマラドーナもそうだ !

 それだけに右足の負担は大きい。

 
  ワールドカップ最終予選では、決して余裕のある状況ではないだけに

 俊輔も寒さ厳しいスコットランドで右足首が終わる前に日本でじっくり

 調整したいのだと思う。


  今も右足首が完治してない状態だがセルティックでは常に期待される選手な

 だけに右足首のこれ以上の悪化は避けたいところだ !


   俊輔も右足首について言っている。

 「 自分を必要としてくれる横浜マリノスに迷惑をかけられない。」

 「 だから納得いくプレーが出来るうちに帰らないと...」 

  確かにそうだ !

  横浜マリノスにも必要だが、日本代表にも絶対に必要な選手であり、

  最も頼れる選手だと思う !!


   なんとか頑張って欲しい !!


   
   


  


    
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

ディエゴ. マラドーナ 代表監督 就任 !!

マラドーナがついに代表監督就任した !!


次回のワールドカップの南米予選の不振から、バシーレ監督が辞任した。

 

    マラドーナといえば、1986年 ワールドカップ・メキシコ大会準々決勝 が印象的だ !!

  その印象的なものは、やはり 「神の手」 や 「5人抜き」 が有名だ !!


   その準々決勝 VS イングランド で競り合いながらのヘディングをしにいった瞬間

  マラドーナの左手がとっさに頭より高い位置で触れてゴールになったものだ。

  イングランドの選手が 「ハンドだろ !! 」 と主張するが主審はゴールの判定 !

  後にマラドーナ本人が 「あれは神の手だ !! 」 と言ったことで世に広まった。


   その 「ゴッドハンド」 で得点してからすぐにマラドーナのドリブルからまた

  得点が生まれた !!

  それが 「伝説の5人抜き」 と言われたドリブルだ !!


               「 神の手 」 の 映像


 



               「 5人抜き 」 の 映像






          「 マラドーナ スーパープレー 」






  選手として数々の名プレーを残してきたマラドーナ。 

   引退後は、コカインなどで悪さをし世間を騒がせた事もあったが、

   やはり国民の英雄だ !! 


     アルゼンチンの代表監督に就任したマラドーナだが

   名選手が名監督になるとは限らないので、その後の展開が見ものだ !!






 

  

 

theme : サッカー
genre : スポーツ

最終予選 カタール戦 ピンチ ?


W杯アジア最終予選 VS カタール戦が11月19日に行われる !


海外組が居なければ、全くもって話にならないくらい弱いのが今の日本代表.....。

そんなゆとりのない日本代表に嫌なムードが漂って来た。

というのは、頼りにしなければならない海外組のメンバーに不安材料が浮上。 


まず 稲本  左太もも裏の負傷(26日の精密検査では患部に出血がある)

         実際はどのくらいの深刻度なのかは、現場サイドじゃないとわからない。


    松井  サンテティエンヌでもここ最近控えにまわる事も多く実践感覚に不安。

         直近のグルノーブル戦では45分のみ出場。


  長谷部   調子は問題なさそうだが、代表との合流が2日前と遅い合流。



   中村    15,16日にリーグ戦があり急いで合流しても試合の前日になる。

          メンバーとの調整不足が気になるところ。


 稲本については元々代表に出ていなかったことが多いので、試合に出られなくても

チームには嫌なムードは与えないと思う。個人的には国内組の誰かが出るよりマシな

はずだから、なんとか早く怪我を治してもらって出場してもらいたい !!


松井については最近控えにまわる事が多くても、国内組よりもはるかに技術や

経験があるので調子がいまいちでも、国内組より期待は出来ると思う !!


長谷部については合流2日前とのことで遅い気がするが、ここ最近海外でメンタルや

フィジカルも強くなってきているので調子の変化の落差はあまりないと思う !!


中村については16日までリーグ戦があり疲労が心配され、なおかつ合流には

ギリギリというのが痛い。

しかし本人も過密スケジュールでの移動経験も積んでるし、試合前の事前準備も

誰よりもしてるのでこれくらいの事は、やる気で払拭されてると思う !!


個人的にも中村俊輔は、いい選手だと思うしかなり期待している。あとは松井だね。

松井も俊輔と同様で技術の向上を常に考えていて、点を取るためにはどうすれば

1番いいのか? 勝つために何をすればいいのか? 

などサッカーに取り組む姿勢が好感できる !!


カタール戦はアウェイになるがホームのように攻めて行かないとダメだし

泥臭くプレーすることが大事だ。

しかしテクニックで通用すると自分のレベルを過信してる国内組の選手がなんと多い

ことか
 !  

まるで格下相手の練習試合 ? と思うくらいダラダラとやるのが毎回気になる。

全くもってやる気、気合が伝わってこない !! 

確かにチームとしては格上でも、個人のレベルでは 「お前の方が格下だろ !! 」 という

選手が国内組に多いので、いい加減早く目を覚まして欲しい

っつうか プロでありながら自分のレベルの把握が出来ていない のが信じられない。

J リーグと代表戦を同じモチベーションで戦っているようにしか見えない。

外国人のパワーを甘くみすぎ ! J リーグでは目の前で外国人が多く活躍している

のに、普段から一体何をみているのか ? 

 まぁ、国内組を批判してるわけじゃないけど、ラモスセルジオ越後

毎回言ってるように 「 やる気、気合、」 が見てるこちら側に全く伝わってこない

ので 「闘争心」 というものをカタール戦では絶対見せて欲しい !!

 その 「闘争心」 が見ている者に ガンガン !! 伝わってきた良い例がある。

それは、ついこの前に開催された北京オリンピックだ !!

もちろん 女子 の方だ !

なんとなく見たとしても 「絶対勝つ ! 負けるもんか ! 」 というのがガンガン

伝わってきて応援してるこちらとしては、感動するし熱いものが込み上げてくる !

そんな熱いサッカーをしたら、たとえ負けたとしても素直に拍手したくなるものだ !

男子サッカーが負けた場合、文句 を言いたくなる !

この違いは、天と地の差に等しいと思ってしまう !! 





 

         

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

サッカーの神

 かなり懐かしい話だが、私自身サッカーを始めたのは小学2年です。

その頃は今の時代と違ってサッカーの情報がすごく少なかった。
 
テレビも週1回の「ダイヤモンド サッカー」という海外の試合の中継を見るのが

すごく楽しみだった ! それが唯一のサッカー商材のような存在でいいプレーや

特にフェイントなんかは良くマネをしてた。出来るまで練習して出来たらそこから

自分流にアレンジしてみたり色々考えながらやってました。

そう言えば、あと「キャプテン翼」のマンガも良い刺激になり皆してマネ出来ない

ことをわかっていたけどチャレンジして遊んでましたね !

その当時の皆の憧れの選手が「サッカーの神様」と言われた「ペレ!!」でした !

     こちらが 「サッカーの神様」と言われたペレの懐かしい映像です。



   1970年 ワールドカップ ペレ(ブラジル)





今の時代と違ってこのような映像がいつでも見れるわけじゃなかったので

小学校の読書の時間は、わずかしかない「ペレ」の事を紹介してる本を

毎回飽きもせず何度も読んでいました。


 今は情報化社会が発達してテレビやパソコンなどでサッカーの情報があちこちに

あふれている。その分大変便利になったが、有名選手のマネをして出来るように

なったら満足して終わり、またマネをして出来たら次のマネをすることの繰り返しが

多く見受けられる。  自分で考えることがあまりない


  その背景には、サッカーを始めてから特に少年団に入っている場合は

全ての少年団とは言わないが 試合に「勝つこと」 を優先して子供たちに

考えさせるどころか答えすら先に言ってしまう指導者が多くいる。

 日本代表選手ですら 「自分で考える」 サッカーを考えた場合、出来ない選手も

いるらしい。素質や技術を持っているので監督に言われたことや作戦など指示

されたことは出来る。しかし連続した細かい場面ごとにおいては、各自の判断が 

要求される。


そこで今の代表を見れば良くわかります !

ゴール前なのにシュートを打たず、その位置でまだパスするの ?

と いう場面はけっこう多いですよね?

これが 「自分で考える」 ことの出来ないなによりの証拠です !!

少年の頃に始まって自分で考えてやるよりもチームの勝利を優先した環境で

育ってきた選手はJ リーガーになれたとしても、伸び悩んでしまう可能性が高い。 

多少は考えているのは当たり前だが まだまだ足りないという事だと思う。


 その良い例 として中村俊輔 があげられる。俊輔は毎日サッカー日記をつけて

反省や次の打開策を毎日考えているとのこと。

考えることについては、少年の頃から

誰よりもやってきたらしいのでこの違いはかなり大きいと思う !!









theme : サッカー
genre : スポーツ

中村俊輔 ! 国内復帰 !!

   あのセルティックの中村俊輔が、来年1月に国内復帰が内定 !!

その復帰先はやはり古巣の横浜だ !!

移籍金の問題などあったらしいが横浜の方も何とか資金調達は出来た模様。

 早ければ来月にも代理人とセルティック側とで最終交渉に入るとの事。

  セルティックでは、中心選手として選手と監督からは絶大な信頼を得ていただけに

ストラカン監督も俊輔の移籍は、相当に痛いことだろう !!

「自分が知らないところで俊輔の移籍が決まれば、オレは監督を辞める」 と

言ってるほどだ !!

あれだけ活躍すれば誰だって手放したくないのは当然だろう。

 日本人がこれだけ欧州で活躍してきたことを考えると、まさに日本の誇りだ !!

私も前回の記事に載せたようにUCL のマンチェスターU 戦で決めた

あのフリーキックは生涯私の心に残る感動のシーンだ !!

しかもマンチェスターU 戦は2本も決めている。

その2本のフリーキックの動画はこれです。


     アウェイ戦




       ホーム戦 ( 決勝リーグを決定づけた1本 )




これです、これです !! 本当っすばらしい !!

特にホームで決めた時の、スタンドのサポーターの歓喜、興奮が伝わって来て

より感動しますね !!

俊輔には、そんなすばらしい感動を ありがとう !! と言いたい。

そしてこれから今ひとつパッとしない J リーグを盛り上げて欲しい。

もちろん日本代表もだ !!

日本の誇り ! 日本のファンタジスタ ! これからも期待したい !!











theme : サッカー
genre : スポーツ

ACL 準決勝 !!

         ACL 準決勝 第2戦  浦和 VS 大阪  が22日埼スタで行われた !


uefa_euro_2008_by_blackleash_middle-thumb.jpg

結果は1-3 で大阪がアジア2連覇を狙う浦和を制した !

 つい先日も浦和の最近の戦績に不満を持ったサポーターと衝突したばかりで

エンゲルスは監督としての信頼回復、選手は汚名返上の絶好の機会であったが
 
レッズサポーターの熱い声、怒りの声も虚しく終わってしまう。

  やはりレッズの最近の成績不振を考えれば、当然良い流れに乗れていないので

この結果は不思議ではない。

レッズがアジアを制覇した時はJ リーグでも結果は出ていたから当然勢いがあり、

良い流れに乗りチームの雰囲気も最高だったことからアジア制覇につながったのだと

思う。

しかし今回はそうでなかった ! だけのことだ。

やはり前回アジア制覇に大きく貢献したFW ワシントンが居なかったことで

決定力の低下が響いたのかもしれない。当然、FW には高原に期待を持ちたくなるが

なんだかパッとしない。

今の日本代表はFW の決定力不足が深刻な問題になっているが、この問題はどの

チームにも永遠に付きまとう問題だ。得点力に優れた強力なFW が居るうちは、
 
多少の試合内容の悪さがあっても少ないチャンスで得点できるのだからとりあえず

結果は残せる。

しかし優秀で強力なFW が抜けた場合はその選手と同等のレベルあるいは

それ以上のレベルのFW が居なければ当然、得点力が落ちる。

得点が取れなくなれば試合に負けることが増える。

必死に守っても得点がなければDF に不満が出る。

それでもなんとか守りきってるうちはいいが、やっぱりいつかは失点する。

そして失点されても取り返せばいいが、簡単に取り返す力がないFW だと当然

なかなか得点できない。そうこうしてるうちに試合終了 ! となって負けてしまう。

そんなチームの出来から全体の雰囲気が微妙に悪くなるだろうし、そのうち

サポーターやらマスコミやら選手批判、監督批判が出てくる。

その現実を知った選手や監督は奮起して頑張るが、これらのプレッシャーが

選手の心の片隅で邪魔をする。その行動の現われが 「肩に力が入りすぎ、力みすぎ、

気合の入れすぎ、空まわり」 となって見ている側の私たちでも感じ取れる。

気合を入れて試合に臨むことは悪くないが、平常心を失ってる可能性が高いと思う。

世界を見渡すと一流な選手ほど平常心が安定していると感じる。

 ACL準決勝は大阪が浦和を下し初の決勝進出 ! 浦和の2連覇の野望は消えたが

同じ日本のクラブとしてアジアチャンピオン !! になって欲しいと思う !!

決勝戦でたとえ形勢不利な時が来ても 平常心を失わず 最後まで諦めず

戦ってもらいたい。

そして勝っても負けても私たちが納得する試合をして欲しい !












私の最も心に残る感動シーン !!


 サッカーを数多く見ていれば、その分だけ感動や感激など心に響くプレイがある !

さらにスーパープレーともなれば、見る者を興奮の渦に巻き込み胸を熱くさせる !

そこで今回は、ちょっと前の感動シーンになってしまうが 私が最も !! 心を

熱くしたプレーです !

  下記の動画をご覧下さい !!






2006、UCL 5節 セルティック VS マンチェスターU


そうです ! そうです !! これなんです !! 皆さんは見飽きてるこもしれませんが

セルティックに所属する日本のファンタジスタ !! 中村俊輔のワンダフルシュートだ !!

後半残り約15分にこのビューティフルゴール !! が決まったわけだが、皆さんと意見が合うと

思いますが見ている私としても、いくら俊輔といえども直接決めるには
 
「 ちょっと遠いな~ 」 と思った瞬間には、もう ゴール ! していた

いつも通り当たり前に蹴っていたところは、さすが !! の一言 !

そのフリーキックが決まった瞬間、セルティックサポーターの感動してる場面や

スタンドの熱狂、盛り上がりぶりを見て私も 大大大感激に包まれた

人によっては、UCL はワールドカップより面白いしレベルが高いと言う人も多い。 

  そんなUCL の大舞台で日本人が輝いていた。

  一昔前の日本では想像も出来ないくらいの大舞台。

  その大舞台で、後半残り15分 スコア0-0

  こんな絶好のチャンスはない !! という場面で決めてしまう凄さ。

  見ている私としても、日本人の誇り !! と実感した。

 こんな大舞台でこんな凄いフリーキックを決めてしまうシーンは何度見ても 

 飽きない。 私は何度も何度も見ているが 毎回 毎回 毎回 感動し

 胸が熱くなり、あまりのすばらしさで涙が込み上げて来るほどだ !!

やっぱりサッカーは 感動  ! が大切だ。 

  また近いうちに 感動 !  したいものだ !!









  



ギド・ブッフバルト復活 ?

元ドイツ代表、浦和レッズOBのギド・ブッフバルトがJリーグ復帰を熱望 !!



20日浦和の黄金時代を築いたブッフバルトがJリーグの監督を熱望している事が
わかった !!  
 当然、皆さんの想像通り監督やるなら浦和レッズでしょ!?と期待する人が多いと
思う。
しかし現在の監督、ゲルト・エンゲルスとの契約が来期の終了までとなっているため、
すぐにブッフバルトが就任することはない。 そんなタイミングなどあるからだろうか
ブッフバルトは浦和以外のオファーも聞き入れるとの事。
 
しかし現監督のエンゲルスも先日サポーターからの厳しいバッシングを受けたことなど、
レッズの成績の悪さで取り上げられたばかりだ。
そして22日のACL準決勝第2戦のVSガンバ大阪戦の結果次第では、もしかしたら
去就問題に発展するかもしれない。
 突然ブッフバルトが現れたのがタイミングが良いというか、なにか狙ってる感じだ。 
どんな理由であれ浦和レッズにとって良い刺激になることは間違いないはずだ。
 選手としては元監督の前で無様な格好はみせられない。そしてエンゲルスも現監督
としての意地もあるだろう !!  その後の展開が見ものだ。

 実際にブッフバルトが先々浦和レッズの監督にならなかったとしても、日本の
サッカー界には良い流れを吹き込んでくれると思う。
浦和としてはこの機会をいいことに、今までより強気に 「ACLで結果を出せ !! 」と
エンゲルスに主張するだろう。そして結果が悪ければ次に ブッフバルト が居るから
という妙な強気が見え隠れする浦和だと思う。

 突然現れたブッフバルトは現役時代も一流のプレーヤーだったし、当然ながら日本は
教わることがまだまだ山ほどある。ブッフバルトに限らず、名古屋の監督である
ピクシーとか吸収すべき人材の対象者は大勢いる。もちろん監督以外の外国人選手も
大勢いる。
特に今の日本代表は得点力、決定力不足と言われるのが当たり前になってる悲しく
情けない状態だが、元浦和レッズのエメルソン、ワシントンや現鹿島のマルキーニョス
なんかは得点能力に優れた選手だと個人的にも思う。
こういった日本というよりアジアレベルを軽く超える選手が目の前に居るのだから
もっと自分の技術のなさレベルのなさを素直に自覚して、日本人が持っていない
外国人選手の良いところをしっかり学んで欲しいと思う !!



theme : Jリーグ
genre : スポーツ

批判 !

浦和レッズについて

 19日にレッズの練習場に訪れたサポーターからエンゲルス監督を批判する横断幕が
登場 !!

  
 ここ最近のJリーグの結果も2連敗となり、首位争いをしてた時と比べ盛り上がりは
「ダウン !!」 
その代わりに結果の出ないレッズにサポーターの怒りが「アップ !!」  
 まぁ~盛り上がりが「ダウン」といっても毎回レッズサポーターの応援は
「ハンパじゃない !!」
さすがは日本一いや世界レベルで比較しても、どこにも引けをとらない熱狂応援団
ですけどね。

 その熱狂的な一部のレッズサポーターがレッズ批判をより具体化しエンゲルス監督
を批判する行動が19日にレッズの練習場で勃発、練習を中断し選手と監督を含む
「異例の直接会談」となる。
結果的には、「もう一度死ぬ気でやるから、こういう時にこそ力になってくれないか」と
闘莉王が訴えとりあえず丸く収まった。

 というわけで、こういう出来事があったが一昔前の日本では考えられないことだ。
やはりJ リーグができたことが大きい、それが今回の件でも日本のサッカーの発展
を物語っている。 世界を考えればこんなことは当たり前だし、まだまだ甘い ! と
言えるが。
世界では、決定的なシュートを外したFWの選手が殺された事件とか、家を襲撃された
とか、かなり危険というか選手もまさに命がけ。 
特にわかりやすい例として、ブラジルなんかもサポーターの眼差しは恐ろしいほど厳しい。
今、各国で次回ワールドカップ予選が行われているが、日本と同様に2位をつけているが
会場に来ているサポーターから 「 ドゥンガは監督辞めろ !! 」コールがスタジアム
全体から鳴り響いていたほどだ。

しかしそのような事は、選手も監督もその他関係者もサポーターの声を本気で
受け止めている。
だから批判が出れば全力で名誉挽回しようとするし、それがむしろ強くたくましい魅力的
なサッカーに繋がる。もちろんそれは選手たちの技術の高さやメンタルの強さを持って
いるからサポーターの声に応えられるのだと思う。

でも日本の場合はどうでしょうか ?
選手から言わせれば、「本気で戦っているしサポーターの熱い声も聞こえている!!」と
もちろん言うと思います。
しかしブラジルと比べたらサポーターからの声を本気で受け止めているか?
など考えたら「 本気の度合い 」に大きな大きな「 差 」がありすぎる。      
その大きな大きな「 差 」を埋めなければ世界との距離は縮まらないと思う。
 
 そして浦和レッズもサポーターの声がどのくらいの 本気度 で伝わっているかで
今後の成績にかかわると思うので非常に楽しみだ !!


theme : Jリーグ
genre : スポーツ

☆☆☆
Welcome to %     FC イレブン 
最新記事
カテゴリ
サッカー動画あれこれ!
    カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2008年10月 | 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カウントダウン

Created by Webpac
天気予報 (全国)

-天気予報コム-
QRコード
QRコード
訪問者数
フリーエリア
リンク
☆☆☆
サッカーを中心に勝手な発言をします !

FC イレブン

Author:FC イレブン

★ 優良ショップ情報 


リンク (TOP画面)
UEFAチャンピオンズリーグよりもJリーグに長居するUEFAチャンピオンズリーグよりもJリーグに長居する

子育てドリブラー日記子育てドリブラー日記

気まぐれ100発~サッカー日記気まぐれ100発~サッカー日記

ココロノオトココロノオト

2007 新たなる挑戦・・・2007 新たなる挑戦・・・

RYOUのサッカー奮闘記RYOUのサッカー奮闘記

安芸府中SSS応援ブログ安芸府中SSS応援ブログ

経営、サッカー、マーケティング ぼやき放談   やまいもほっちょる(^^ゞ 経営、サッカー、マーケティング ぼやき放談   やまいもほっちょる(^^ゞ 

青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~青空お気楽蹴球日記~NO FOOTBALL NO LIFE~

健康で”ルン” 旅&食健康で”ルン” 旅&食

沖縄遊遊沖縄遊遊

yasuko☆のきときと生活yasuko☆のきときと生活

X-day
RSSリンクの表示
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。